dima
  • allowance

    関西で指折りの別荘地・白浜。千畳敷という名勝の傍に建つ築36 年のマンションをリノベーションする計画。カフェを経営する施主とその家族は、友人10 人以上で宿泊したい、家族が利用しない時はドミトリーとしても利用したい、マンションの住人がプールやお風呂上がりにゆっくり休憩できるカフェにしたい、既に所有している愛着のある木製の家具をなるべく使用したいなど、たくさんの夢を描かれていた。耳を傾けているうちに、完成後の使われ方を限定する空間であってはならないように思われた。 つまり、ドミトリーであってもカフェであっても既に所有している木製家具であっても、それら入れ替わり続ける多様な行為や家具を許容できる、包容力のある大らかな木質空間を生み出せないかと考えた。photo by JUNICHI YAGINUMA