dima
  • 「丼池ストリート」布のある新しい風景

    大阪の中心に位置する「丼池ストリート」で行われたワークショップで制作されたインスタレーション。「西横堀ソーシャルデザインチーム(direction:木村松本建築設計事務所/design SU/fabricscape/yamaguchiakito/siinari、produce:今昔西横堀と新しい町人のまちづくり/とのま、workshop member:近畿大学松本明研究室)」にディレクターとして参加した。近畿大学松本明研究室による街のリサーチによって顕在化した、街の「魅力」と「問題」を結びつけるようなインスタレーションを試行した。優良な空室を保有するビルに大きな一枚の布を屋上から垂れ下げることで、通行者の視点をビルの上層部へと向かわせる。空地を覆う大きな布は少しの風でも大きく揺らぎ、ビルの前に「街」でも「建物」でもない「あいだ」の空間を生み出している。