dima
  • 大阪新歌舞伎座

    上本町YUFURAの6階に位置する客席数1461席の劇場計画。旧劇場の特徴であった間口の広い空間構造を継承し臨場感溢れる芝居小屋を目指した。旧劇場とほぼ同スケールで再構成された客席は、演者と観客の一体感が強く、どの客席からも演者に手が届くような迫力ある劇場空間となっている。客席数は1461席で、本花道・すっぽん迫・桟敷席など古式劇場の形式を踏襲しながら、多様な演目に対応できるよう昇降式大臣囲・客席道具バトンなどを備えている。過剰な装飾を廃した落ち着きのある意匠により観劇に集中できる空間とし、現代的なハレの劇場となることを意図した。(日本設計での担当作品)photo by YASUHIRO INAZUMI